サイトマップ | エクセルエイドの糖尿病保険

糖尿病保険トピックス

XML RSS

脂肪と血糖値とインスリン

先日、ある駅の構内で見かけた書物のタイトルが気になって読んでみました。

その書物のタイトルは、「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」小林一行著(かんき出版)

ビジネスリーダーにとっての、実用書なのかと思いきや、
主たる内容は、男性のためのダイエット本でした。


ダイエット本というつもりで購入したわけではなかったので、
最初は、違和感もありましたが、読み進めていくと、「なるほど!」と思えることが
多々ありましたが、なかでも、体内で脂肪がつくられる背景に、
「血糖値とインスリン」が深くかかわっているという項目について、
関心をもったので紹介したいと思います。


人間の体は、食物を食べると、食物の消化・吸収する際に、
血液中の血糖値が上がります。


血糖値の急激に上がると、体内のさまざまの期間を傷つけてしまうため、
血糖値を急激に上げるのを防ぐために分泌されるのがインスリンです。


そして、その血糖値が上がるのを防ぐ過程で、
血液中の糖質から中性脂肪がつくられるというのです。

それ故に、この書物では、血糖値の上がりやすい食品の摂取を、
血糖値の上がりにくい食品の摂取に代え、
血糖値の急上昇を防ぐ食べ方を日常の生活習慣に取り入れることで、
腹を凹ますことができると紹介しています。


その詳しい内容については、この書物を読んでいただきたいと思います。


糖尿病は、上記で紹介したインスリンの分泌の機能がうまく働かないことが原因の病です。

そして、それには大きく2つのタイプがあります。

まず、食生活や、運動不足が主な原因とされる生活習慣病としての糖尿病です。
このタイプは、多くの場合が、長年の肥満や、運動不足等により、
贅沢病ともいわれるタイプのもので、
一般的に糖尿病というとこちらのタイプをさす場合が多くあります。


また、何らかの原因で膵臓のインスリンの分泌機能が、
突然うまくいかなくなるタイプの糖尿病があります。

こちらの場合は、先天的な要素がある場合も多く、
生後まもなくや、幼少期に発症する場合もあります。

病気になりにくい生活習慣の形成は、毎日の小さな積み重ねからスタートです。
この書物を読んで、再認識する今日この頃です。

2014年07月03日 | Topics一覧



▲このページの上へ
line

少額短期保険のお手続きやご契約に関する苦情・相談およびお客様の担当者である少額短期保険募集人の身分・権限に関しまして確認をご要望の場合には、引受少額短期保険会社までご連絡ください。
このホームページのご案内は商品の概要を説明しています。ご契約にあたっては、商品内容の詳細について記載している「約款」および「ご契約に際しての重要事項」をご覧ください。


【引受少額短期保険会社】
エクセルエイド少額短期保険株式会社 関東財務局長(少額短期保険)第3号 〒162-0041東京都新宿区早稲田鶴巻町534 川尻ビル


【募集代理店】
株式会社アビリティ (担当者:花見貴光) 〒111-0051 東京都台東区蔵前1-7-4 Kビル3F TEL.03-3863-3005 FAX.03-3863-3002